Nick and Norah's Infinite Playlist / キミに逢えたら!

曲のセンスが評判だけど、キャスティングもすごくいい。メインの高校生7人は皆個性があって、チームワークもいい。それは特典についていた撮影中の様子を見ればわかる。特に良かったのは女の子3人。主役のKat Denningsはいつもの様に自然な演技でしっかり者の役。そのナチュラルさとかわいい声、でも今回は途中からニックのジャケットを着せられて、それが似合ってなかった。この映画で惜しいのはファッションが現実的すぎて魅力的じゃないとこ。親友役の酔っ払い娘はAri Graynor。あのテンションでずっと乗り切れたのがすごい。またあんな風に迷惑な子なのにかわいいから許せちゃう見た目も持ってる。最後はニックの元カノ役のAlexis Dziena。性悪女をとことんやりつくして潔い。あのダンスは最高だった。男性陣のAaron Yooはインディ映画で結構見かける。ニックの親友にアジア系っていうバランスがいい。ゲイのボーカルRafi Gavronはイギリス人なので今のブームに乗っかれば売れそう。謎の男のJonathan B. Wrightはどっかで見たことあると思ってたら、ブロードウェイの人だった。それで、Michael Ceraは、John Cusackだなと思った。女の子の写真を壁に貼ってるところとか、John Cusackの映画にあったもん。でも可愛らしい部分は似ているけど、積極性がかけてる気がする。Michael Ceraってすごくぼそぼそ喋るから何て言ってるのか本当にわかんないときがある。あと、男友達とつるんでいる方が楽しいと思っていそう。この映画で一番お洒落でかっこよかったのが、Jay Baruchel。役は嫌な男なんだけど、そのいやらしいところがすごく上手だったし、いかにもNYの音楽関係者っぽい格好が似合ってて、スタイルの良さに気付かせてくれた。
で、一番びっくりしたキャスティングがAndy Samberg。らしい喋りを披露してた。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...