The Wild One / 暴れ者

Marlon Brandoかっこいい!この映画についてはそれしか言えない。
不良青年という役のイメージをつくったとして、Marlon BrandoとJames Deanは偉大なんだけど、それだけじゃなく不良だけどかわいいという魅力も同時に加えて、それがウケたから今も続くステレオタイプになったと思うし、人気があるんだと思う。でも、James Deanの演じたジムは細身でふらふらしている青年だったけど、Marlon Brandoのジョニーは、バイカー不良軍団のリーダーで、超マッチョな体型なのにかわいいからすごい。声がかわいいってものあるんだけど、トロフィーを大事そうにしてるとことか(ひもで縛ってバイクの頭に飾ったり、バーに入るときはそのひもからぷらぷら吊るしてさり気なく持っていたり、なくさないように鞄にしまったり、トロフィーは重要なアイテムだから毎回扱われ方が面白い)、すねたりするし、マッチョな男のナイーブな一面を見たって感じ。古い映画なので、演技とか展開に途中で笑ってしまうこともあるが、特に女の子の設定は古臭い。それもそれで楽しめる。
あと、やっぱりこのバイカースタイル。お揃いの皮ジャンに、バイクに乗るときは皮手袋もする。帽子やサングラス、ゴーグルなどは個人の趣味を出せる。もちろんチームの中で一番かっこいいのはジョニーだけどね。わざとなのか、走っているシーンのまわりはホントに地味なメンツで揃えてた。
歩いても、喋っても、女の子を誘ってもかっこいいジョニーだけど、走るとやっぱりなんか変。それも笑える。
とにかくMarlon Brandoがかっこいいので、キャーキャーいいながら観られる娯楽映画。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...