Why I Love One Direction 「私がワン・ダイレクションを好きな理由」


Why I Love One Direction | Stache Magazine

ちょっと熱狂的になりすぎてる感じもあるけど、 おもしろい文章だったので訳してみる。
これ書いた21歳の女の子(Mary Silvestre)のブログも興味深い。

--

ワン・ダイレクションを好きになることは、たぶんファンとして私がした最高で最悪の決断だった。彼らは私をまさにテイラー・スウィフトの歌詞「happy, free, confused, and lonely at the same time (幸福、自由、混乱、孤独が一度に)」にさせる。そして本当のことを言えば、それは抵抗できない感覚。

あなたが彼らのことを聞いたことがないって場合のために、ワン・ダイレクションは英国男性アイドルグループで、第7シーズンのイギリス版Xファクターで3位だった。彼らは優勝しなかったけど、世界中の女の子たちの心を勝ち取った。グループは、
ハリー・スタイルズ(Harry Styles)・・・カーリーヘアーの子
ナイル・ホーラン(Niall Horan)・・・アイルランドの雪の結晶
ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)・・・メンバーいちのいたずらっ子
リアム・ペイン(Liam Payne)・・・グループのお父さん担当で、頭を剃った男としても知られている
ゼイン・マリク(Zayn Malik)・・・別名「Best Song Ever」 のミュージック・ビデオで女装した男、別名ゼイン・ごめんなさい彼の方が私よりも美人です・マリク
からなる。

私は彼らのビデオ・ダイアリーと「What Makes You Beautiful」を見た後すぐ、取りつかれた女のようにワン・ダイレクションの罠にはまった。彼らは単純にかっこよく、おもしろく、本当にバカで、私はハリーを家に連れて行って、両親に紹介し、いつか彼と結婚することを自分に信じさせたかわからないけど。私はやられた。これは何で私が(たぶんあなたも)ワン・ダイレクションを好きなのかの理由。


彼らはみんな疑う余地なく魅力的だ。
あの!顔を!よく!見て! 私は時々神が彼らをつくるために残業したって信じたいと思う。
おまけ:英国訛り

彼らは歌える、しかもかなり上手。
彼らは歌えないって文句つける奴らへ、申し訳ないけど彼らはできるの。彼らは歌唱コンテストの産物だし最終決戦までいった。だからもちろん彼らは歌えるし、ゼインが「Best Song Ever」でファルセットで歌い上げるパートを聴いたことある?彼の声は史上最高。

彼らは全てのことに全力を尽くす。
彼らの人気はXファクター出場の期間に始まったけど、成功は突然起きたわけではない。家から遠く離れて、終わらないラジオとテレビの宣伝、ファンイベント、スタジオでの疲れを知らない時間、数ヶ月にわたるツアー。彼らは現在2回目の単独ツアー(『Take Me Home』)をやっていて、最近アメリカ分を終わらせた。彼らは2月からずっと故郷を離れ、10月までツアーを続ける。それは8ヶ月ぶっ続けの激務と献身なの!

彼らはたった3年で、すでに多くのことを成し遂げた。
『Up All Night』は16カ国で1位を記録し、アメリカのビルボード・チャートで初登場1位になった。これはアメリカのチャート史において、デビュー・アルバムで1位を記録する初の英国グループだった。彼らのセカンド・アルバム『Take Me Home』は35カ国以上で1位を記録した。彼らは2012年の夏季オリンピックの閉会式(シアトルから彼らを見るためだけにとんでもない時間に起きることを必要とした)と、ロイヤル・バラエティ・パフォーマンスで歌った。彼らは世界最大のアリーナに立ち、コンサート・チケットは数分で完売した。彼らがどんなとこまで来たか!3年前、彼らはXファクターで運を試そうとした普通の男の子たちだった。それが今の彼らは、スタジアムやアリーナを完売にしている。誰か私にティッシュ箱をくれない?感動!


彼らの曲は信じられないくらい楽しい。
そしてキャッチー!彼らの曲を一緒に歌わないなんて無理。信じてよ。

彼らにはすばらしい友情がある。
私が2年間ずっと疑問に思ってるのは、「何で私はワン・ダイレクションと友だちになれないの?」。彼らの友情はすばらしい。彼らは皆同じ子宮から来たんじゃないのかって思うくらいすごい。リアムは「Everything I Wanted But Nothing I’ll Ever Need (欲しかったけど必要がない全てのもの)」ってタトゥーをしてるくらい。彼によると、彼が必要としている全ては、家族と4人だけだそう。彼は4つのシェブロン(逆V字形の紋)をワン・ダイレクションのそれぞれのメンバーとして(語呂合わせを意図するのかどうかわからないが)タトゥーに入れている。私の親友は決して友情の印にタトゥーはしないと確信してる。

彼らは天から来た天使。
ワン・ダイレクションのみんなはいつもチャリティーのために役割を果たしている。いじめ反対キャンペーンのためにオフィス・デポとパートナーとなり、末期患者の子どもたちの願いをかなえるためにRays of Sunshineと組み、アフリカの貧しい人々を助けるためにコミックリリーフをサポートしている。この前の1月、彼らはアフリカのガーナへ飛び、貧困地域や学校、病院を訪れた。
彼らは個々の活動もしていて、ナイルは地元アイルランドのムリンガーへ行き、アイルランドの自閉症活動とムリンガー緊急一時宿泊施設のために資金を集めた。ルイは、地元ダンカスターでサッカーのチャリティー試合を催した。ゼインはThe Grand Appealのための資金集めを助けるためにGromit Unleashedと組んだ。リアムとハリーは若いがん患者を支援するためにTreckstockと組んだ。


彼らはひどくいかれている。
ワン・ダイレクションのメンバーたちは本当にバカだ(いい意味と、とてもかわいい意味で)。彼らはふざけ合ってバカになるのを恐れないし、それが私が最も好きなところ。もし、いくらかのバカなことが、私たちファンを幸せにするなら、彼らはそうする。ほら、わかるでしょう?「Best Song Ever」のミュージック・ビデオを見れば。歴史的。

ブロマンス。
そう、彼らはただのグループ仲間。だけど本当にそう?99.9%のダイレクショナーたちは、彼らがみんな内緒で付き合ってるって言うに違いない。その数をちょっと誇張しすぎているとはいえ。でもでも、彼らはゲイを演じるのが本当に上手(本当にそうかは別で)。ぎこちないキス?お互いを触りあったり(おかしいように聞こえるけどそうなの)?さりげなくお互いの心をのぞき込む?それがあなたにとってのワン・ダイレクション。チーム・Ziam(ゼインとリアム)とチーム・Larry(ルイとハリー)は永遠に!


どこまでもリストを続けられるけど、永遠にかかっちゃうから。私が挙げたことは、彼らがいかにすばらしいかっていう当然のことを与えさえしない。しかも何よりも、私が本当に彼らのことを好きなのは、彼らは私を幸せに、心から純粋に幸せにしてくれるし、他のたくさんの女の子たちもそうだって信じてる。私が悲しいときや世界がみんな敵に思うときには、ただ彼らに向かうの。彼らのふざけた表情、バカげたダンス、歌、ただその存在が、私のどんな悲しみからも立ち直る助けになる。彼らがどうやってるのかわからない。それは魔法みたい。このファン世界で私の道を見つけたことがうれしい。あなたもいつかそうなることを願ってる(そしたら私にこの気持ちを共有できる人ができる)。

--

元記事で使われている画像も素敵
See more at: http://stachemagazine.com/why-i-love-one-direction/
I’m really glad I’ve found my way around this fandom and I hope someday you will too (so I can have someone to share my feelings with). - See more at: http://stachemagazine.com/why-i-love-one-direction/#sthash.AqkqKPTT.dpuf
I’m really glad I’ve found my way around this fandom and I hope someday you will too (so I can have someone to share my feelings with). - See more at: http://stachemagazine.com/why-i-love-one-direction/#sthash.AqkqKPTT.dpuf
Liking One Direction has probably been the best and worst decision I’ve made as a fangirl. They just make me—in the words of Taylor Swift—happy, free, confused, and lonely at the same time. And to be honest, that’s an overwhelming feeling. - See more at: http://stachemagazine.com/why-i-love-one-direction/#sthash.AqkqKPTT.dpuf

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...