Orange County

Colin Hanksやっぱいいかもっていうことで、ずっと避けていたけど見ました。だってJack Blackが好きじゃない。たしかにスゴイのはわかるし、彼が出ているのも結構見ているし、でも、何か男性ホルモンの塊って感じが受け付けない。
Colin演じる主人公ショーンは、生まれも育ちもOCのボンボン。暖かいエアーに守られて、遊びたい放題。運命的に小説と出会い、自分も小説家になりたいと決意する。作者が教鞭をとるスタンフォード大目指し勉強も頑張るが、受かったのはコネのあるチアリーダー。そんな~って、何とかして大学に入学するために奔走する話。家族はみんな太陽とお金とその他もろもろにやられているクレイジーな人ばかりで頼りにならない。そんなショーンを支えるのは動物愛護心の強いアシュレイ。演じたのは地味だけど、ナチュラルな美人Schuyler Fisk。Sissy Spacekの娘だって。これは2世映画だった。
OCについては『The O.C.』でしか知らなかったから、その世界がここでも描かれていて、同じなんだと知った。
あと、『Freaks & Geeks』つながりで、Leslie MannやBen Stiller、シンディや最後にJason Segelと付き合うディスコ・ガールとか、見たことある顔がちらほら。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...