Hugo Pool

Patrick Dempseyはしゃべらなくてもかわいいんだな。障害者の役って性格俳優になりたい人とかがやる気まんまんにやっちゃうのを見るのは寒いけど、彼の場合、そういうんじゃなくて、もっと気の抜けた風でよかった。そのゆるさが、Robert Downey Jr.の狂った感じとも合っていたし、主人公ヒューゴ(Alyssa Milano)のはすっぱな、だけど頑張り屋さんな娘なのとも合っていた。ママ(Cathy Moriarty)もある程度時代を経験した濃さがあって、コメディのノリもちょうどいい。パパ(Malcolm McDowell)も駄目な人なんだけど、ほっとけない愛嬌があっていい。Sean Pennは家族全員とは関わらない、物語と離れたところにいる存在感がまたちょうどいい。
さすが、というしかない計算しつくされたキャスティングとストーリーに加え、画作りもすごく美しい。
夏の暑さ。乾いた土地の空気。邸宅の華やかさとつつましい現実。すべてがリアルなんだけど、おとぎ話の様でもある。
最後に、監督Robert Downey Sr.の病気で亡くなった妻に捧げられていたのがこの家族の物語をさらに印象深いものにした。

The Butterfly Effect

やっぱり、一番小さい頃のキャストが超いい。Logan Lermanが良くできたかわいい子タイプでCameron Brightが子ども離れした個性派でっていうバランスも最高。
この映画の物語にのめりこめないのはAshton Kutcherのせいだ!かっこいいのかおもしろいのか微妙なキャラがわからない。

Wet Hot American Summer

今では結構豪華なキャストでびっくり。これはアメリカで劇場では全然売れなかったんだけど、その後、衛星チャンネルでの放送やDVDではヒットしたっていう経歴らしい。それぞれがネタを小出しに出し合って競い合ってる感じが、映画っていうよりはTVのノリに合う。主人公が地味すぎるのも劇場ヒットしなかった理由かな。ギャグも結構ブラックというか悪ふざけが過ぎるっていうか、好き嫌いがはっきりわかれそう。でも、バカさ加減と、夏休みのどうしようもないグデグデな雰囲気が、ちょっとレトロな時代設定にあって、あのキャンプサイトだけが別次元の世界の様な楽しさがある。

Crossroads / クロスロード

何だか酷い80s映画。
Ralph Macchioは超アイドルしてるし、かわいい。Jami Gertzも個性的な顔立ちでいい感じ。もっとおちゃらければいいのにかっこつけてシリアスぶるから逆に見てるこっちが恥ずかしい。

Alice in Wonderland

もともとアリスにもJohnny DeppにもTim Burtonにもはまってないから、そんなにあがらなかった。けど、Alan Rickmanの英語と、Crispin Gloverのダメ貴公子っぷりと、双子が「Little Britain」のMatt Lucasだとか、ぶっとびすぎのAnne Hathawayとかはおもしろかった。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...