Sex Drive


借り物だったんだけど、それが通常ヴァージョンじゃなくって、unratedだったから普通に楽しめたかは判断できない。だって、始まる前に監督たちが自らこれは本編を見た後に見てねって言ってたもん。だけど十分楽しめた。主人公イアン(Josh Zuckerman)がさえないけど純粋で、いい人すぎるためにどたばたに巻き込まれてっていうわかりやすさも見やすかった。それにくわえて、セラの相方として知られるClark Dukeや、Seth Greenがアドリブ満載で内輪的なボケするから(それも本編だともっとましだったのかも。)変なテンションでおもしろい。Fall Out Boyがバンド・ゲストとして出てきた時も、Seth Greenが、Pete Wentzの恥ずかしい過去をネタにしてたり。っていうかSethはアーミッシュの役でその時点で変。パーティに参加してるけど文句ばっかり言ってるエモ2人組とかおかしなキャラばっか。でも、ホントにうるっとくるようなしんみりさせるところはさせるし、映画としての盛り上げどころもちゃんとしていて、よく出来ていると思う。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...