『トワイライト』以降のティーン向けロマンスが魅力のドラマ『American Horror Story / アメリカン・ホラー・ストーリー: 呪いの館』


『Glee』のプロデューサーRyan Murphyも製作に加わっているアメリカのドラマ。
タイトルからもわかるように、ホラー、サスペンスドラマになっている。物語はロサンゼルスにある呪われた家を舞台に進む。時代が現代から過去へと遡って、この家にまつわる謎をみせてくれる。
初めは、ホラーがあまり好きじゃないので警戒していたけど、このドラマのつくりかたは、「来るぞ来るぞ来るぞ来たー!」って感じのジェットコースター感覚のホラーなので、それを理解してからは怖がらせを楽しんで観られるようになった。
あと、女性視聴者を意識したというだけあって、60年代のファッションなど、かわいらしい部分もある。しかも演じている女優さんが美人!メイド役のAlexandra Breckenridgeは、子役からやってた人だけどちょっとセクシーな衣装に赤毛ですごく魅力的。他にも、ゲストが豪華でMena Suvariが女優を目指す女の子の役で出てきて、この美人メイドとからんだり(ってこれのどこが女性向けなんだ?)。Zachary Quintoがゲイの役で出てくる(これは女性向けか?相手役の俳優さんが金髪で一瞬『True Blood』のAlexander Skarsgårdかと思った。でも違った。)。
意識してるのかしてないのか、謎が解けない奇妙な感覚はちょっと『Twin Peaks』っぽいなと思った。その大きな要因として、実力のある俳優のキャスティングがある。Jessica Langeは、ゴールデン・グローブなどで助演女優賞を受賞した。彼女の役どころは、この家のかつての住人。今は隣の家に住んでいる。彼女の家族も重要で、あまり詳しくは言うとネタバレなので控えるが、一人娘はダウン症なのがちょっとミソ。
そして、Denis O'Hareは、特殊メイクで役を演じている。彼の役もこの家の元住人。火事で大火傷を負ったのだ。見た目にも気味が悪いし、性格もねちっこくて嫌になるんだけど、重みがあるね。
というのも、主人公の夫婦にあまり魅力がないのだ。現代のこの家の住人となるベンとビビアンの夫婦は、ベンが生徒と浮気したことが原因でロサンゼルスに引越してきたこともあって倦怠期。2人ともセクシーな感じの俳優さんなんだけど、ちょっと疲れている感じで枯れてる。特に女優さんの方はどんどん皺が深くなっていってる気がした。まあ、恐怖を与えられる方だから怖がらなきゃいけないんだけど、やりすぎ?っていうか、まあ世代も違うから興味がないんだな。

で、何が1番魅力的かっていうと、この夫婦の娘バイオレット(Taissa Farmiga)と、ベンの患者テート(Evan Peters) です!
この2人がいたから若い女の子もこのドラマに夢中になってたんだと思う。ゴスっぽい雰囲気も、『Twilight』以降にハマるし、またテートが言う台詞 がエドワード並に甘いんだ。今時の女の子はディズニー・プリンセスがない代わりに、こういうドラマから王子様像をつくっているのかな。


まず、バイオレット。彼女は思春期ってこともあり、引越しや親の不仲、いろんなことにむかついている。転校初日、タバコをふかしながら歩いていると、さっそく女王様っぽい生徒から注意されるが、彼女はそこで負けずに応戦する。 この時のファッション(↑)がすごくかわいい!ロックっぽいけど女の子らしさもあって。Nylonとかに出てきそうな。そして、自傷癖がある。でも、ためらい傷程度。それをやってるとこをテートに見られてしまうのが初対面。


テートは、謎の多い役なんだけど、それが物語が進むにつれてだんだんとわかってくる。そうすると、2人の恋愛は悲劇になって、ゴスっ子たちはさらにときめいちゃうんだろうな。テートの何が良いって、金髪、色白で、っていうエドワード的美の基準にも合格してるし、切れやすい怖い部分があるけどそれは情熱さの表れで、とてもロマンチックだし一途。でも謎があるからどこまで信じていいかわからないという緊張感。って書き出していくうちまんまエドワードじゃん?って思ってきたけど、エドワードと違うところは家族と群れないところかな。まあ、テートにも家族がいて、愛もあるけど、それはわかりやすい家族の愛の形ではない。それにエドワードよりも自分勝手で子どもっぽいところがある。悩むよりもまず体が動くというのか。ということは、エドワードとジェイコブを足して割った感じなの?完璧じゃん!
ということで、シーズン2も決まって、まだテートが見れることが嬉しいですね。



It's fine now, I'm here.

You're the first boy that ever give me a flower. Thank you, I love it.

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...