The Gayest TV Characters Ever ~ゲイティーンのドラマキャラクターまとめ


Entertainment Weeklyの表紙をカートとブレインで飾った号が以前あった。
ざっくりとしか読んでなかったかもしれないけど、アメリカのテレビドラマでのゲイの10代の子たちの遍歴を知るには十分すぎる、永久保存版!

それについて調べていたら、記事を訳してくれているブログ発見!
米国TVドラマにおけるゲイティーンの歴史とGlee

ここでは、主に『Glee』のことについての記事です。
でも『My So Called Life』にも触れられていてうれしい!
このドラマは、私のTOP 2ドラマ(もうひとつは『Freaks and Geeks』)。

カートとブレインが世界中のゲイティーンに与えた影響、とくにポジティブな面をたくさんってのは本当にすごいと思う。
10代のゲイの子がいじめによって自殺など、悲しいニュースも多いので、明るいイメージを送り続けてくれる存在がいるのはうれしいこと。

このニュースを見て、また心が温かい気持ちになった。
WATCH: Teen Comes Out During High School Awards Ceremony
高校の授賞式で「Class Actor」をもらった18歳のジェイコブくんのスピーチ。

"Sure I've been in a few plays and musicals, but more importantly, I've been acting every single day of my life. You see, I've been acting as someone I'm not. Most of you see me every day. You see me acting the part of 'straight' Jacob, when I am in fact LGBT. Unlike millions of other LGBT teens who have had to act every day to avoid verbal harassment and physical violence, I'm not going to do it anymore. It's time to end the hate in our society and accept the people for who they are regardless of their sex, race, orientation, or whatever else may be holding back love and friendship. So take me leave me or move me out of the way. Because I am what I am, and that's how I'm going to act from now on."

舞台で演技をしてきたけど、自分の人生そのものが演技だったというスピーチ。
思わず、うまいって思っちゃったけど、そんな軽い話じゃない。
恐怖に怯えて自分を出せなかったってのは、ゲイの子だけじゃなく、コンプレックスを抱えた子みんなに当てはまる話。
差別してないで、そこから愛と友情を築けるかもしれない。
解放して、 自分らしく行動していこうというすてきなスピーチ。

それで改めて気になったので、アメリカのテレビ番組でのゲイティーンの歴史をまとめてみたいと思った。
参考にしたのは、このリスト。

The Gayest TV Characters Ever

10代の子の部分だけ抜き出して訳してみた。

『One Life To Live 』(ワン・ライフ・トゥ・リヴ)
1992年、 初めてのゲイの高校生、Billy Douglasは昼ドラ『One Life to Live』でTV放送に登場した。Douglas(10代の憧れで、未来のトップリスト俳優Ryan Phillippeが演じた)は、 昼間のシリーズには物議をかもす話の中心だった。最後には、Phillippの役は公にカムアウトした。しかも教会で、町の牧師が彼にいたずらをしたという噂を晴らすために。

『My So Called Life』(アンジェラ 15歳の日々)
Enrique `Rickie' Vasquez (Wilson Cruz) は、現在のTVに存在するゲイの10代の役のために道を敷いただけではない。彼は10代のLGBTの高速道路を始めた。ゴールデンタイムの最初のゲイの 10代というだけでなく、Rickieは暴力と家のない状態に対処する最初のカムアウトした10代だった。実生活でも、彼の役と同時にCruzは若者とし てカミングアウトの過程を通った。


後半につれてとても重くなっていくけど、この3人の友情がすてき

『Dawson's Creek』(ドーソンズ・クリーク)
Jack McPhee (Kerr Smith)は、シリーズの製作者で『スクリーム』のKevin Williamsonの体験が反映されたゲイの役。Smithの役がカミングアウトすることについての、保守的なクリスチャンの反同性愛団体からの反応は、Ellen DeGeneresが1997年にTVでカミングアウトした後の爆発した怒りと違って、驚くほど穏やかだった。Williamsonは当時、「これはとても良い印だ。そして私は論争がないことに興奮する。私はこのようなことを期待していた。望んでいた。風潮は良くなった」と述べた。

『Queer As Folk』(クィア・アズ・フォーク)
同名のUKシリーズを元にした、 『Queer as Folk』はLGBT文化と課題をとても詳しく探求した最初のTVシリーズだ。HIV感染の有無が異なる者とパートナーになることや、ゲイポルノに出るこ と、未成年のセックスなどクィアの話題は、この最愛のケーブルネットワーク・シリーズが放送した5シーズンの間でタブーではなかった。

UK版もUS版も、Justinとの出会いのシーンがすごく好き


『Degrassi』
このカナダのTVで、いいとこどりで、多種多様の、すべてを含んだ実際の10代のキャストは、オムニバス形式の生徒を演じる。『Degrassi: The Next Generation』は、LGBTレインボーのどの区域からも主要なキャラクターがいる。トランスジェンダーの10代Adam Torres (Jordan Todosey)、レズビアンのFiona Coyne (Annie Clark)、カミングアウトしている10代のゲイMarco Del Rossi (Adamo Ruggiero)と、Paige Michalchuck’s (Lauren Collins)のレズビアンの関係を含む。『Degrassi』があり続けるには理由があって、他の10代のメロドラマには一貫して平等に豊かなLGBTの物語を見い出さないだろう。

『Ugly Betty』(アグリー・ベティ)
Marc St. James (Michael Urie)はオープンリーゲイで紛れもなく華やかな、雑誌MODEのファッション編集者の秘書。Marcは、たいてい親友の受付嬢Amanda (Becki Newton)に言うことに、いつも何か新鮮でキレがあった。
Betty (America Ferrera)のファッションに進んでいて、舞台芸術が好きな甥、Justin Suarez (Mark Indelicato)は決して彼の生意気さを隠さなかった。シーズン2の最後の回で若者がカムアウトするとき、世界中のゲイは優しい涙を流した。

最初はかわいいだけのJustinだったけど、こうなるとは。
FabulousなMarkくんも好き


『GREEK』(GREEK~ときめきキャンパスライフ)
Calvin Owens (Paul James)は大学1年で男子学生の社交クラブに入った青年で、第1シーズンの最終回でうっかりカミングアウトされるだけだ。 Owensは若い黒人ゲイの肯定的な役柄を代表するだけでなく、TVで男子学生社交クラブの家に暮らすマッチョなゲイ男性に見るたくさんのステレオタイプからの解放である。彼はクローゼットの社交クラブ仲間Grant (Gregory Michael)とロマンティックだが困難な関係にあった。

『Skins』
若手俳優の才能あるキャストと、TVでまだ出ていない10代のセックス、ドラッ グの率直すぎる描写で、UKで大変人気があり、賞に輝くカレッジドラマ。父と息子の作家チームによりつくられ、宗教観、同性愛、機能不全家族、精神病、摂 食障害、思春期の性的関心、薬物乱用、そして死までをカバーしている生き生きとした筋書きに、前の人気俳優、Nicholas HoultとDev Patelは身を任せた。

シーズン1,2ではゲイのダンサー
シーズン3,4ではレズビアンカップル
シーズン6ではゲイのBFF
どれも印象に残るキャラクター

『90210』(新ビバリーヒルズ青春白書)
元となった1990年代のシリーズは同性愛の物語を欠いていた(彼らは『Melrose Place』の年上のいとこにそれを残しておいた)が、新しいシリーズは複数の機会でそれに取り組んだ。学校の体育会系Teddy Montgomery (Trevor Donovan)は、カミングアウトすることに苦悩し、ゲイだという前に多くの男たちと関係を持ち、そして、初恋をする。  人気番組の穏やかなバージョンの10代のゲイとは異なり、Teddyは定期的にレギュラーになる。だめなことある?だって彼はゴージャスだもん!

『Glee』(グリー)
『My So-Called Life』のRickie Vasquezから、『Glee』のKurt Hummel (実生活でもカムアウトしたChris Colfer)まで真っ直ぐな線を引くことによって、アメリカのゲイの若者の発展を示すことができる。Rickieが崩壊した家庭から出て、道端で生活するまでになったのに反して、Kurtは父親から熱心に囲われていて、たくさんの協力的な仲間を持っている。にもかかわらず、クローゼットなKarofsky (Max Adler)からの反同性愛へのいじめは、彼が簡単に転校する結果になった。転校は、Kurtに恋人Blaine (Darren Criss)に会うことを可能にし、現代のゲイの10代の夢が叶うということを証明した。
第3シーズンの『Glee』では、ダルトン・アカデミー校ウォーブラーズの冷酷なメンバーで、KurtとBlaineの間に入って恋をもてあそぼうとした、ゲイの悪役Sebastianの追加を見た。 Oxygenの『The Glee Project』の次点者、Alex Newellも生意気なグリー部のライバルWade Adamsとして参加した。番組の初めてのトランスジェンダーの登場人物で、Uniqueとしてパフォーマンスすることを好む。Uniqueはシーズン4の初回でニュー・ディレクションズに入った。

『Teen Wolf』
MTV『Teen Wolf』のDanny (Keahu Kahuanui)は、ゲイのステレオタイプのキャラクターからかけ離れている。彼は仲間内で自信に満ちた生徒であるだけでなく、ラクロスの花形選手で、 チーム・キャプテンの親友だ。興味深いことに、彼の性的嗜好は番組の中で他の登場人物と一緒に話題にならないことも、Dannyをテレビでのゲイ・キャラ クターの進歩のすばらしい基準としている。

確かに、普通に受け入れられているという役柄は新しいかも

『Shameless』(シェイムレス 俺たちに恥はない)
UK版を基にしたアメリカのシリーズで、Ian Gallagher (Cameron Monaghan)は、結婚し父親である彼の上司、Kashとの性的関係に夢中になっているゲイの10代だ。Ianは、スキャンダラスで悪才にたけ、性に 快活な態度によって“反Kurt Humme”として知られている。人格形成の時期に我々が知っていたゲイの男の子のようだ。

Ianのやんちゃさも新しいんだね
おじさんキラーってとこも


このリストにムーシュ aka マシュマロがいない!ってことでおまけ

『United States of Tara』
Marshall (Keir Gilchrist)は、ネクタイして学校に行き、ジャズを聴いて、昔の映画を観るような渋い趣味の高校生。憧れの先輩(男)と急接近するも、母親(多重人格のうちの高校生)に取られて終了。第2シーズンでは、学校のLGBTグループと関わりだす。そのメンバー(女:Zosia Mamet)の子と試しに付き合ってみるも、やっぱりダメだった。第3シーズンでは、第2シーズンから友だちだったオープンなゲイの子と深い関係になっていく。家族のことで悩みや苦労がありながら、ゲイの10代としても苦難を乗り越えていくMarshallの物語が大好き。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...