Recast: The Outsiders 映画『アウトサイダー』を勝手にキャスティング


ダークな映画についてやってて、2作品に登場していたクリスチャン・スレーターに思いを馳せていた。
あの2作品(『ヘザース』『今夜はトーク・ハード』)のクリスチャン・スレーターは最高だ。
あんな風な子って最近はいない。
まず一匹狼ってのが少ない。
最近は(日本の話で聞いた)ひとりになるのが怖いと感じる子どもが増えてるそう。
なるべく誰かとつながっていたい。
反抗とかも諦めてる感じだし。
いい子が多い。
そこで思い出したのが、ジャスティン・ビーバー。
今の彼ならいい演技するんじゃないかって思って、前にちょっと考えていた映画『アウトサイダー』のリメイク・キャストを考えてみることにした。

そこでいろいろ動画を漁ってたら、当時のオーディションについての動画があった!

The Outsiders Auditions part 1 of 2 
The Outsiders Auditions part 2 of 2 

こうやって選んでいったんだ。キャスティングって仕事楽しそうだな。いいな。
アンソニー・マイケル・ホールもいる!彼は、ちょっと絵面が違うと思う。

1983年公開映画のキャストたち


役の性格については、小説を読んで、あとはWikiを参考に。

■Greasers

Ponyboy Curtis
(C. Thomas Howell 公開当時:17歳)
14歳
Curtis兄弟の末っ子
成績優秀
ランナー
映画や本が好き
ひとりで考えるのが好き
髪が命
ソーダのことを慕っている


(July 7, 1998 in Houston, Texas, USA)


物語がポニーボーイの目線で描かれているので重要な役。
主役級の華が欲しい。
C・トーマス・ハウエルは、キャスト陣の中で実際に1番若く、幼いけれどしっかりとまわりを見ているという役柄によく合っていた。
年齢無視で他の俳優で考えると、エミール・ハーシュが浮かんだ。 彼はワイルドさと繊細さを兼ね備えた俳優だと思ってる。特に若い頃の、瑞々しさの中に反逆の熱を持った瞳の印象が強い。
ディラン・スプレイベリーは、実年齢より大人っぽく見えるので、ちょっと違うかなと思ったけど、動いてるところを見たら写真よりも若く見えるし、何より美人だったので、主役に向いてると思った。
私服の趣味や、筋肉鍛えてるところが田舎の子っぽい雰囲気だけど、それも逆にいいのかもしれない。

Johnny Cade
(Ralph Macchio 公開当時:21歳)
16歳
小さい
大きい目
浅黒い肌
シャイ
みんなのペット


(April 18, 1994 in New York City, New York, USA)


ジョニーは、この映画で1番重要な役かもしれない。
悲劇的なドラマの主人公だからってのもあるし、複雑な役柄。
ラルフ・マッチオがぴったりすぎて、他の人を考えるのが難しかった。
ここでも年齢無視して考えたら、思いついたのはイライジャ・ウッド。大きい目っていう印象からなんだけど、奥手なようで、いざというときはやる勇気を持った少年のイメージがある。
モイセス・アリアスは、小さくてみんなからかわいがられる役柄に合うと思った。
普段の彼は、ディズニーチャンネル出身で、ジェイデン・スミスと仲良しで(彼のMV撮影しちゃうくらい)、か弱いイメージはないんだけど。

Dallas "Dally" Winston
(Matt Dillon 公開当時:19歳)
17歳
動物っぽい見た目で純粋にかっこいいわけではない
群れない
無法者
ヒーロー
白っぽい金髪
NYのストリートで3年暮らしていた


(November 11, 1996 in Elkhart, Texas, USA)


ダラスはこの物語で重要な3人のうちのひとり。
みんなが一目置くようなカリスマがないといけない。
その点で、マット・ディロンはよかったんだけど、本には“白っぽい金髪”って描かれてて、そのダラスも見てみたいと思った。
でも、そんなプラチナブロンドでカリスマの人はぱっと思いつかなかった。
年齢無視で考えたら、ライアン・ゴズリングなのかなと思った。
群れない印象だし、カリスマだし。かっこつけてるのも似合う。
タイ・シェリダンはまだ若いけど、見た目に迫力があるし、目力もすごい。
マットの持っていたような軽い魅力は少ないかもしれないけど、何するかわからない危険さをかもし出すのが上手そう。

Sodapop Curtis
(Rob Lowe 公開当時:19歳)
16歳
Curtis兄弟の真ん中
美男子
アルコールを飲まなくてもハイテンションになれる
学校を中退してガソリンスタンドで働いている


(March 22, 1995 in Seattle, Washington, USA)


ソーダポップは誰もが振り返るような美男子。
でも、物語の中では目立ちすぎないイケメンじゃないといけない。微妙なバランス。
ロブ・ロウの若いときもキラキラしてたもん。でも、周りを食うような役者ではないかな。
これは、他の候補なしにすぐに思いついた。
最近見たばっかりってのもあるけど、ニック・ロビンソンは美しい。
混じりけない感じだから、個性派すぎなくて、ちょうどいいと思う。

Darrel "Darry" Curtis
(Patrick Swayze 公開当時:31歳)
20歳
Curtis兄弟の長男
大きい
老けて見える
学生時代はフットボール選手
両親が亡くなってから家族を支えている


(January 20, 1987 in St. Louis, Missouri, USA)


長男ダリーは、両親を失った家族を支えるために多くを犠牲にした青年。弟たちもそれを知っている。
見た目はお父さんそっくりなのに、お母さんみたいな性格。
パトリック・スウェイジは、キャストたちの中でひとり飛びぬけて年上だったのもあって、貫禄がすごかった。
見た目以上に大人な役なので、ここは役の年齢はあんまり関係ないのかな。
ということで、自分的に見てみたいからって理由でエヴァン・ピーターズ。
『アメリカン・ホラー・ストーリー』で60年代の格好が似合っていた。
体も大きいし、どっしりとした安心感が合ってると思った。

Keith "Two-Bit" Mathews
(Emilio Estevez 公開当時:21歳)
18歳
道化
スリの名人
女好き
ミッキーマウスが好き


(February 18, 1991 in NY)


ツー・ビットはお調子者。いつもふざけているけど、情に厚くて気は優しい印象。
エミリオ・エステベスは、当時Brat Packのリーダーとも言われていたくらいなので、グループの最年長の役は合っていたんだろう。それに、演技すると一直線って感じなので、けんかに熱くなってしまうのも合ってると思う。
その役柄の印象で、ジェレミー・アレン・ホワイトが合うんじゃないかって思った。
『Shameless』のリップから、知能を引いた感じ?

Steve Randle
(Tom Cruise 公開当時:21歳)
17歳
背が高い
痩せている
Sodapopの親友で同じガソリンスタンドで働いている
車に関して1番


(September 12, 1996 in Nashville, Tennessee)


スティーブはこのグループの中では1番重要ではない。
ソーダの親友で、ポニーボーイのことをうざい年下くらいに思ってる。
トム・クルーズが選ばれたのに、オーディションで彼がどんな役でも真面目に取り組んでいたって言われてて、トム・クルーズらしいなと思った。
でも、本のスティーブは背が高くて細いという体格。
候補に、コリン・フォードと、ジェイク・T・オースティンがずっと残ってたんだけど、ソーダと似合いそうってことで、コリン。
あと、彼、画像検索すると自撮り写真多くてナルシストっぽいのもいいと思う。


Socs 

Sherri "Cherry" Valance
(Diane Lane 公開当時:18歳)
Bobの彼女
赤毛のロングヘアー
Ponyboyと同じ学校


(April 9, 1998 in Conyers, Georgia, USA)


チェリーは、グリーサーに理解を示してくれるソックスの女の子。だけど完全に打ち解けるかというとそうじゃなくて、やっぱり住む世界が違うんだって終わる。悲しい。
赤毛ってことだけど、清楚で活発なイメージのエル・ファニングがすぐに思いついた。
背が大きいのがちょっと問題?

Robert "Bob" Sheldon
(Leif Garrett 公開当時:22歳)
酒好き
問題児
甘やかされて育つ

Justin Bieber
(March 1, 1994 in London, Ontario, Canada)


ボブは、 お坊ちゃまグループのリーダー的存在。甘やかされて育ったので、誰も彼を止めることができない。本当は「NO」と言って欲しかったのに、ってのが悲しい。
これはもうジャスティン・ビーバーしかない。ってかこれがこの企画のきっかけ。
レイフ・ギャレットも若くしてアイドルとして人気だった。
甘やかされて、やることに歯止めが利かなくなって、最後に待つのは・・・
グリーサーが主人公だけど、悲しいのはソックスの方。もうちょっと時代がたてば、この子たちの物語が増える。

Randy Adderson
(Darren Dalton 公開当時:18歳)
Bobの友人


(August 22, 1994 in Gulfport, Mississippi, USA)


ボブの友人ランディは、最後にはポニーボーイと少し打ち解けるソックスのメンバー。
イスラエル・ブルサードは、見た目に高貴な印象があるので、ソックスのが似合うと思った。
プレッピーな格好が似合うと思う。
それで、考えてて『卒業白書』の役とか合いそう。ダンスのシーンも含めて。
今一番80年代学園物リメイクが似合う顔だと思った。
ジョン・ヒューズ物も似合いそう。

Marcia
(Michelle Meyrink 公開当時:21歳)
Cherryの親友
Randyの彼女
おもしろい
黒のボブ


(July 30, 1999 in Los Angeles, California, USA)


ただ単にダークヘアーのボブでかわいい子ってだけで選んだ。
ジョーイ・キングは、若すぎる気もするけど、女の子のがしっかりしてるし、インタビューの受け答え見ても明るくて楽しいので雰囲気も合ってると思った。
ツー・ビットと意気投合しちゃうようなマルシアなので、清楚なイメージよりは元気な子がいいと思う。


0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...