Si può fare / We Can Do That / 人生、ここにあり! ~人は一人ひとり違う

Si può fare / 人生、ここにあり!

イタリアでは、1978年に精神科医フランコ・バザリアの提唱により、精神病院が廃止­され、98年には全廃になりました。一般の入院患者たちは、病院から出され、町や家族­の元へと帰されたのです。この『人生、ここにあり!』は、そんな中で精神病院から協同­組合へと変身を遂げたある施設の夢のような実話を基に作られ、イタリア国内で大ヒット­し1年以上に及ぶロングランを記録しました。 (via)


第6回つながり映画祭』で鑑賞。
その後の、トークセッションも聞き、勉強になった。

患者は一人ひとり違うということ。
当たり前なんだけど、改めてそのことを考えるきっかけになった。

それぞれ、できることとできないことがある。
できないことだけを見て、みんなダメって言うのは間違っている。
できること、好きなこと、得意なことを活かして仕事をすることができる。
単純作業をずっとできる、車が好き、銃が好き、パズルが得意。
労働組合からやってきたネッロは、患者たちに敬意を払い、歩み寄り、相手を知っていく。

「病名ではなく、その人の苦悩と向き合うことが医者の仕事」のようなことを、イタリアの医師が言っていると、トークセッションで聞いた。
その姿勢があるから、一人ひとりがそれぞれに人生を生きることができるのだろう。

犠牲もある。
けど、そこで止まってしまってはいけない。
それを教訓に進もうとしたことで、次の人たちのためになる。

薬漬け、ベッドに縛られる、そんな状態で毎日生きていると実感できるのだろうか。

登場人物のひとり、ジージョは、過保護な母親にずっと子ども扱いされて、その籠の中から出られずにいた。
職業を得て、自信をつけたことによって、彼の人生は輝きだす。
恋をして、母親を拒否して、今までと比べてものすごい速さでいろんなことが起こる。
あの赤いコンバースは、彼の給料で買ったものだったのかな?
赤がとてもまぶしくて、印象に残る場面となった。


人生、ここにあり! [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-06-02)
売り上げランキング: 12,802

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...