(500) Days of Summer / (500)日のサマー

Joseph Gordon-Levittはこんなにかっこいいんだし、演技もできるのに、時たま変な映画とか出ちゃうから今までイマイチ評価が上がらなかったけど、この映画で本格ブレイク!相手役のZooey Deschanelも文句なしにかわいいし、この映画もとってもかわいい。
冒頭、これは恋愛物語ではなく「Boy meets Girl」の話ですってナレーションが入るんだけど、本当にその通りだった。これは恋愛モノってジャンルじゃなくって、人間の物語。うーん、ラブがメインじゃないって言えばいいのかな。とにかく、タイトルにサマーってついているけど、サマーは主人公じゃない。この物語の主人公はトムで、ほぼ男目線で描かれる。だからサマーには謎の部分もたくさんある。その点、トムは自分のことをすごく話す。今自分がどんな気持ちっていうのを存分に表現する。その表現方法が、素直で大胆で、こどもっぽいのがすごくかわいい。サマーに恋に落ちる場面、エレベーターでサマーに突然話しかけられるトム。「The Smiths?私も好き」と口ずさむサマー。その後のトムの「やばい」って表現!すっごくよくわかる。かわいいなって気になってた子が自分と同じ趣味してるってわかったらそりゃ興奮するよ。あと、初めて愛し合った次の朝、「俺はやったぞ」ってテンションあがって踊りだすトムが最高。でもそれくらいのイマジネーション、恋をしていたら普通でしょ。
その他にも、IKEAでのままごとデートとか、映画や音楽の趣味、サマーの奇抜なアイディアはどれもオシャレにまとめられている。20代後半のロールモデルってなかなかいなかったから、こういう作品がこれからもっと増えるといいな。
余談ですが、劇中映画のアイディアというか、監督はJoeかな?それとも彼の作品を知っていてのオファー?もっとフランス語聞きたかった。モテるためにフランス語習ったってインタビューで言ってたけど。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...