Shameless Season2 『シェイムレス2 俺たちに恥はない』

観た!
そしてやっぱりおもしろい!
兄弟っていいな!

今回は、前回の続きからちょっとしたくらいから始まったのかな。シカゴの短い夏。貧乏家ではクーラーないから扇風機で頑張る。そして、庭にプール(後にホームレスの風呂になる)。

またそれぞれ人ごとに感想をまとめていこうかな。

長女:フィオナ
スティーブことジミー(ドラゴンボールのJustin Chatwinと思ってたら、Emmy Rossumもブルマ役で出ていたことを最近知ってびっくり。あららって感じ。でも上手いし、サービスいっぱい脱ぐし、文句ないです)が戻ってきます。奥さんをつれて。何か、ドラッグ関係でもめて、代わりにボスの娘と結婚してアメリカの住民権を与えたという理由。超セクシーなブラジル人若奥様。でも、まだフィオナのことが好き。フィオナは、高校の同級生と再会(facebookで)しますが、理想と現実を知り、やっぱりジミーが好きだと再確認。そして、2人は戻るんだっけ?もう忘れちゃった。
また、途中でお母さんが戻ってくるんだけど、その時のフィオナが辛かった。自分ばっかり責任負ってたのが開放されて、ちょっと夢を持って頑張ろうとキラキラしているフィオナかわいかった。でも、それは叶わない。
この家族で1番辛い役回りなんだけど、弟妹たちがちゃんと生きていけること、自分の二の舞にしないっていう目標があって、それが生きがい。人生に生きがいがあるのはかっこいい。だからフィオナに惚れちゃうんだろうな。

妹と弟LOVE

ベロニカのあけすけな性格好き

長男:リップ
リップ最強!前回と同じく、お兄ちゃんの母性、と男としての野性、それに今度は父親としての父性までそなわっちゃったから。
今回は、Sex Friendのカレンが妊娠する。彼女を養うために学校を中退して働くというリップ。家族や友だち、先生らみんなは、リップの優秀な頭脳を惜しむんだけど、本人はそれが逆に嫌みたい。「何で自分の人生を自分で決められないんだ!頭がいいのは自分で選んだことじゃない!」って。まあ、反抗期の子どものような怒り方ですけど。でも、それってすごくよくわかる。
それに、カレンのことを本気で好きだったんだけど、彼女は別の人(この人がカレンママ(Joan Cusack)とのコンビでナイスキャラなんだけど)と結婚しちゃう。
あと、弟イアンの進路の手伝いもするんだけど、それもうまくいかなくて喧嘩しちゃう(超本気の喧嘩。イマドキあんな果し状みたいにして取っ組み合いするのか?)。全てが思うようにいかなくてイライラしてしまったのかも。
そして、一時家を出て、ジミーのホテルに居候して彼の仕事を手伝ったりする。
リップ役のJeremy Allen Whiteは小柄なんだけど、マッチョで、目力があるところがかっこいいんだよね。あと、イアンとの兄弟関係もいいけど、下の子たちとのからみがいい。デビーは難しい年頃になってきたんだけど、それをちゃんと理解して扱ってあげてるところが素敵(女の扱いがうまいってことか)。

カレンと

姉弟だけど、この格好はどうなの?

次男:イアン
今回のイアンはだいぶクール。まず、ちょっと関係のあったバイト先の旦那は「俺はもうこんな二重生活はできない」とか言って逃げました。そして、刑務所に入っていたミッキーが帰ってきます。ミッキーの妹には関係を言ってないから、迎えに行く時「なんでいるの?」って言われてとまどっててかわいかった。それから2人はまた密会を始める。でも、それがフランクに見られてしまう。焦ったミッキーは「殺さなきゃ」と本気で、びびるイアン。結局ミッキーはフランクを殺せずに、また警察に捕まりました。
お母さんが帰ってきたときに、一緒にゲイバーへ行ったイアン。超テンション高いママは「あの人がいいんじゃない?」ってノリノリでかわいい。その後、ひとりで店の前に立ってるところをおじ様に拾われて、『Shame』みたいな高級ホテルにお持ち帰りされるイアン。イアンは年上好きなのか?
あと、進路の話では、軍人に憧れていたイアン。実はペンタゴンで働きたかった。でも学力が足りない。そこでリップが家庭教師をしてくれることに。だけど、自分のコネを使って現役隊員と知り合うことになったリップが、その頭脳を買われてスカウトされてしまう。これで大喧嘩。イアンは、フランクの子じゃないし、ゲイだし、頭も良くないし、ってなんかリップと真逆すぎるから、 余計にぶつかるんだろうね。Cameron Monaghanは見た目もリップと逆。背が高くて(マッチョなのは同じか)赤毛でそばかす顔。大きな目が愛嬌あって、笑うとかわいい。

ミッキー保釈後の夜にさっそく

ママに軍隊に売られそうになる

次女:デビー
デビーは思春期を迎える。「男兄弟(といってもまだ赤ちゃん)と一緒は嫌!ひとり部屋がいい!」と駄々をこねて、結局リアムは男3人と同じ部屋に移ることに。また、カールの悪友リトル・ハンクに恋する。というか、恋に恋って感じだけど。
他に、心優しいデビーは、フィオナの親友ベロニカが勤めるホームの老人たちとも仲良しで、そこで初めて身近な人の死を体験する。気分が落ち込んで、「私って鬱なのかも」って心配する。ちょうどお母さんが帰ってきていて、彼女はかなりの躁鬱だから、それに影響されてしまってた。
デビーの純粋な優しい気持ちはこの家での救いのひとつで、世間の裏側も知ってすれてる上の子たちからしたら、デビーはずっとこのままでいて欲しい。成長して自分たちのようにならないで欲しいって思うだろうな。でも、成長は止められなくて、まだ今はかわいいなって方が多いけど、もう少ししたら本格的な反抗期になるのかも。怖い!でも見たい!

感謝祭

リトル・ハンク

三男:カール
今回は、前よりも出番が増えたかも。悪友のリトル・ハンクをつかまえて、悪行に磨きをかける。同年代の友だちができたことで、上の兄弟に固執した感じは減ったと思う。
あと、お母さんが帰ってきて、子ども返りしたのか、かわいい部分も増えた気がする。
勉強もできないし、特技がないってへこんでいたら、おばあちゃんが助手(ドラッグづくり)に任命した。ひとり遊びしてたところから、世界がだんだん広がった。そして、血の気の多い性格をいかして、アメフトのクラブで活躍する。そのコーチをジミーが勤める(フィオナのために)。

おばあちゃんに悪知恵を仕込まれる

頭打って飛んでる感じが快感らしい

父:フランク
今回は、母親とのからみでドラマが進む。実の母親と子どもたちの母親(妻)。
あと、今回は人が結構死ぬんだけど、それの1人に関わってるからね。犯罪を罪としないつくりはどうなのかなと思ったけど、フィクションだし、ありなのかな?
でも、どんなにいろんなところで酷いことをしていても、妻のモニカには激甘なところが人間らしくていいね。実はモニカに比べるとフランクの方がまだまともな人なのかもって思える。

こんなお父さん

そんな竜巻ママ、モニカを好きになれるかどうかは難しいところ。今まで子どもたち目線でこのドラマを見てきたから、時々モニカのすることに本気で腹が立つ。でも、それはモニカ自身の性格だけの問題ではなくて、アルコールとかドラッグ依存の問題でもあるから。だから辛い。

そして、ギャラガー家以外では、
カレンは妊娠、結婚、父の死。
シーラは外出恐怖症を克服。
ベロニカとケビンは、預かっている里子のエセルがかけおちし、子どもを欲しがるが困難が立ちはだかる。

宗教(?)で一夫多妻制で、すでに子持ちの里子エセル

同じく子持ちでケビンがコーチをしているバスケットチームの選手と親しくなる

家の外に出られるようになったシーラと、カレンの夫(SEX中毒者の集まりで出会った)

色々と盛りだくさんな内容。
最後びっくりしたのは、出産のシーンで、あそこをああやって映すのか?という大胆なカット。
本当に、このドラマはこれってあり?な設定や話、演出がいっぱい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...